飯塚悟志、ザ・マミィのトリオ時代を振り返る 「ホントにいいバランスだった」

飯塚悟志いわく、コンビ時代は「すぐ売れちゃうな」と確信するほど人気だったそうで…。

2022/07/19 09:15


 

■KOC準々決勝を棄権…

その上、卯月はおもしろかったため、飯塚は当時「これもうすぐ売れちゃうな」と確信。そんな卯月について飯塚は「スーパートリオ」と語っている。なお、卯月は結成2年目にして『キングオブコント2017』の準決勝に進出するなど、ハイペースで結果を残していた。

しかし、翌年の『キングオブコント2018』の準々決勝を棄権し、2018年8月に方向性の違いから解散してしまった卯月。その当時について飯塚は「衝撃だったと思いますよ、そのとき…卯月を知ってる人は、あのタイミングで解散は…」と語っている。


関連記事:『キングオブコントの会2022』 歴代チャンピオン夢の共演3時間SP放送

 

■解散の真相は?

すると、卯月がその年のキングオブコント決勝へ進出しそうだったかどうかを尋ねた番組スタッフ。これに飯塚は「もしかしたら! 分からないですけど…ぐらいの感じでした、3年目で」とコメントした。

一方、酒井はこの当時について「どんどんテレビに出て活躍していきたい」「アングラなお笑いが好き」という思いがメンバー同士で合わなかったことも、解散に至った理由の一つだと振り返っている。

・合わせて読みたい→さまぁ~ず、『KOCの会』で嘆き スタッフや後輩が気遣う「大御所が生まれた」

(文/Sirabee 編集部・綿 つゆ子

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

テレビテレビ朝日東京03飯塚悟志トリオザ・マミィ林田洋平酒井貴士証言者バラエティ アンタウォッチマン!
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング