飯塚悟志、ザ・マミィのトリオ時代を振り返る 「ホントにいいバランスだった」

飯塚悟志いわく、コンビ時代は「すぐ売れちゃうな」と確信するほど人気だったそうで…。

2022/07/19 09:15

東京03・飯塚悟志
(写真提供:JP News)

18日放送の『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)では、お笑いコンビのザ・マミィを特集。そうした中で東京03の飯塚悟志が、そんなザ・マミィのトリオ時代を振り返った。



 

■トリオ「卯月」として活動

今年発表されたネクストブレイクランキングお笑い芸人部門で第1位に輝き、結成4年目で『キングオブコント2021』にて準優勝したザ・マミィ。番組内では、『キングオブコント2009』で優勝した飯塚が、そんなザ・マミィのトリオ時代を語った。

なお、ザ・マミィはもともと2016年に「卯月」というトリオでデビューしたが、2018年に解散してしまった過去を持っている。さらに、ザ・マミィの酒井貴士と林田洋平は、トリオ解散後に別々の道を歩むことになったそうだ。


関連記事:『キングオブコント2022』東京会場で予選1回戦開始 決勝は今秋生放送

 

■画的にも人気が出そうだった

当時の卯月を知る飯塚は「とりあえず卯月はすごくおもしろいと思った」と絶賛。「ホントにいいバランスだったんですね」と続けた飯塚いわく、酒井は「分かりやすいエースストライカーみたいなボケ」という立ち位置だったという。

また、林田は「ブレーンかつ、女性に人気が出そうなサブカル的な魅力」を持っており、元メンバーの木場知徳が「普通の二枚目」というキャラだったため、画的にも人気が出そうなトリオだったそうだ。

次ページ
■KOC準々決勝を棄権…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

テレビテレビ朝日東京03飯塚悟志トリオザ・マミィ林田洋平酒井貴士証言者バラエティ アンタウォッチマン!
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング