死んだメスバエと交尾を促す「ゾンビ菌」 死後時間がたつほどオスには魅力的に…

メスの行動を操り、死んだ後もオスをおびき寄せる恐るべき真菌。オスは死体と交尾し次の宿主に…。

2022/07/23 08:00

ハエ

一般的なイエバエに感染し、メスの体を操ってオスを呼び寄せ、死体と交尾を行わせる「ゾンビ菌」と呼ばれる真菌。その恐ろしい特徴について、『The National Desk』『Science Daily』などの海外メディアが報じている。



 

■ハエをコントロールする菌

デンマークのコペンハーゲン大学の研究によると、真菌はまずメスのハエに胞子を感染させ、約6日かけてゆっくりとハエの全身を侵食するという。

次に、真菌が体を完全に乗っ取ると、メスの行動をコントロール。そのハエが到達できる最も高い場所まで飛ばせ、そこでハエを殺してしまう。


関連記事:岸優太、『鉄腕DASH』アナグマの恋物語に動揺 「城島さんに会いたくない」

 

■死んだメスはオスを誘引

真菌がハエを殺すと、メスの体からはオスを誘う「セスキテルペン」という化学物質が放出するようになる。オスはメスのハエの死体と交尾しようとするが、感染したメスと接触したことで胞子を浴びてしまい、やがて同じ運命をたどるのだという。

さらに、オスは死ぬまでの間に遠くまで移動する可能性があるため、こうしてこの真菌は生存圏を広げていくのだ。

次ページ
■死後時間がたつほど魅力的に…

虫コナーズ 玄関用 366日 無臭 虫除け 防虫剤 吊り下げ【Amazonでチェック】

ゾンビ話題デンマーク交尾化学物質ハエ翻訳記事真菌コペンハーゲン大学セスキテルペン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング