サルの群れが3階建て住宅屋上から乳児を落として死なせる 両親の抵抗もむなしく…

宗教によっては「神の使い」と崇拝されているサルだが…。

2022/07/24 05:45

ハヌマンラングール・サル・猿

攻撃的なサルによるさまざまな被害は、世界各地で増加している。宗教によってはサルを神のように崇めているインドでも、とんだ暴挙に出て、人々の脅威となることがあるようだ。

愛児の命を奪われた一家の話題を、『LBC』『The Sun』などイギリスのメディアが報じている。



 

■赤ちゃんを狙ったサルの群れ

インド・ウッタルプラデーシュ州のバレーリーで15日、両親と一緒に3階建ての家屋の屋上にいた生後4ヶ月の赤ちゃんが、自宅に忍び込んだサルの群れにいきなり狙われた。

サルは顔が黒く、灰色がかった毛色と長い尻尾が特徴の「ハヌマンラングール」という種類。成体の体長はオスが約65センチ、メスが約60センチ。体重はオスが約13キロ、メスが約10キロだという。


関連記事:まるで映画『アウトブレイク』のワンシーン? 事故トラックから実験用サル4匹が脱走

 

■赤ちゃんは即死

サルの群れは赤ちゃんをさらおうとしており、父親のニルデシュ・ウパディヤイさん(25)は必死にわが子を守り、母親とともに抵抗。しかし、何匹にも囲まれると身動きが取れなくなった。

サルたちは次々とニルデシュさんに襲いかかり、その腕から赤ちゃんを奪取すると、なんと屋上から落としてしまった。全身を地面に強打して赤ちゃんは即死。わが子の元に急いだニルデシュさんたちを、サルたちはなおも攻撃したという。

次ページ
■無視できない凶暴性

猿の惑星 (字幕版)【Amazonでチェック】

インド話題孫悟空ヒンドゥー教屋上サル翻訳記事ハヌマンラングール
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング