20代ベビーシッターが子供に高温の鍋を押し当て逮捕 「痛い思いをして学べ」

ベビーシッターは「あの子には厳しいしつけが必要だ」と主張するが…。

2022/07/24 06:00

しつけ・子育て・説教

幼い子供を連れて行けない場所への外出で、信頼できる親族が近くに暮らしていない場合、アメリカではまずベビーシッターを頼むことになる。そんななか痛ましく、かつ考えさせられる事件が起きていたことを『ABC Action News』『Fox13 News』などが報じている。



 

■3人の子供の世話を担当

事件が発生したのは、6月26日。フロリダ州ヒルズボロ郡のサンシティ・センターの民家で、親が外出し、ベビーシッターが3人の子供たちを世話していたなかで起きた。

悪ふざけをする10歳児の腕に、意図的にやけどを負わせ逮捕された容疑者は、「あの子には厳しいしつけが必要。自分が痛い思いをしなければ学ばないと思った」などと話したという。


関連記事:30代教師の母親が子供2人を置き去りに彼氏と3日間旅行 元夫に通報され発覚

 

■食卓で危険な悪ふざけ

郡保安官事務所によると、この事件で19日に逮捕され、児童虐待の罪に問われているのはジェニファー・ニコール・ポージー(29)という女。ベビーシッターとして、その家庭とは約5年前から契約していた。

事件が起きた日、ポージー容疑者は子供たちのためにキッチンでラーメンを調理。ところが食べ始めると、10歳の子供が別の子供に熱いスープを振りかけようとしたため𠮟った。

今日からしつけをやめてみた【Amazonでチェック】

次ページ
■キッチンの熱い鍋を
ラーメンアメリカ話題体罰拷問ベビーシッターやけど児童虐待しつけ翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング