僧侶が飲酒運転し「コロナ予防のため」と釈明 複数のルール違反で身分剥奪へ

警察に事情をきかれても、まともに答えることはできなかった。

2022/07/26 07:00

僧侶・寺

酒に酔ったまま車に乗り、いざ市場へ。とんでもない行動に及んでいた僧侶について、『The Thaiger』『The Daily Star』など海外のメディアが伝えている。



 

■酒を飲んで外出

タイで暮らす僧侶(63)が、ひたすら厳しい修行に励む「雨安居(うあんご)」と呼ばれる時期にもかかわらず、外出することにした。その直前に酒を飲み、酔った状態でハンドルを握り市場へ。目的地に着くと、今度は「お金をください」などと人々に声をかけて驚かせた。

「酔った僧侶が物乞いをしている」という通報を受けた警察官たちが市場に急行し、寺院の名前が書かれたピックアップトラックを発見した。


関連記事:千鳥、”僧侶のドン”に「ドラマの仕事こなせるか」を相談 回答に「よっしゃ」

 

■泥酔していた僧侶

警察官たちは僧侶に声をかけ、すぐにピックアップトラックから降りるよう指示。だが僧侶は明らかに泥酔しており、質問にも意味不明なことを口走って警察官たち困らせた。

このとき「身分を証明する物があれば提示してほしい」と要求された僧侶だが、それにも応じることができなかったと複数メディアが伝えた。

社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。【Amazonでチェック】

次ページ
■僧侶のあきれた言い分
タイ話題飲酒運転寺院僧侶新型コロナウイルス翻訳記事ピックアップトラック雨安居
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング