口を開けながら食べるとより美味しく感じる? 「クチャラー」に仰天メリット判明

周囲への気配りが要らない場所で、一度くらいは試してみてもいいかも…。

2022/07/30 12:30

女性・食事・ラーメン

口を閉じながら咀嚼するのは、とても大切な食事のマナーだ。それをしない、いわゆる「クチャラー」はとにかく嫌がられる。

ところが味を楽しむ能力という点では、なんとクチャラーに軍配が上がるとのこと。ある有名大学の驚きの研究発表を、イギリスの『Metro』『The Guardian』などが報じている。



 

■従来の食事マナーを覆す理論

ほとんどの人は「口を開けて物を食べるのはお行儀が悪い」と、子供の頃に教わるだろう。そして時には厳しく直され、それを守って大人になっていく。

ところがこのほど、イギリス・オックスフォード大学で実験心理学者の教鞭をとるチャールズ・スペンス教授とその研究チームが、従来の食事マナーを覆すことになる仰天の理論を発表した。


関連記事:23年間ポテトチップスしか食べられなかった女性 催眠療法で「新鮮な食べ物」に感動

 

■口を開けるメリットとは

世間を唖然とさせた新しい理論とは、「口を開けながら食べたほうがおいしく感じられる」というも。口を開けることで気体状の揮発性有機化合物が放たれ、それが鼻の奥に届くと嗅覚ニューロンが刺激されるという。

つまり「クチャラー」は、味覚と嗅覚の両方で味を楽しんでいるというのだ。

次ページ
■嗅覚が果たす役割は大きい

「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実 (角川書店単行本)【Amazonでチェック】

ワインマナー食事和食ソムリエ話題嗅覚クチャラー味覚フランス料理オックスフォード大学翻訳記事視覚
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング