科学者が猫を「侵略的外来種」とみなし物議 愛猫家からは抗議の声も…

猫の手にかかる鳥は年間1億羽以上? 侵略的外来種の条件を「100%満たしている」と科学者が主張。

2022/07/31 05:30

猫

ポーランドの科学研究所が「猫」を「侵略的外来種」に分類したことで、多くの国民から反発を招いているという。『AP News』『Washington Post』などの海外メディアが報じた。



 

■猫が侵略的外来種に

ポーランド国営科学研究所の生物学者であるヴォイチェフ・ソラーツ氏は現在、少し前までは予想もしなかった苦境に立たされている。

研究所が運営する野生動物保護のためのデータベースに、一般的なイエネコの学名である「Felis Catus」を侵略的外来種として登録。すると、愛猫家たちを含む多くの国民から、反発の声が上がったのだという。


関連記事:2月22日「猫の日」 『BSキャッ東』から“本気で猫を思う”番組の数々が放送

 

■愛猫家はこれに抗議

人々の間では、研究者たちが飼い猫や野生の猫を安楽死させようとしているといった誤情報が広まり、愛猫家からは研究所に対して抗議の声が上がっている。

『The Happy Cat』という本の著者であるドロタ・スミンスカ氏は、野生動物が死亡する原因の多くは、環境汚染や大都市の建造物にあると主張。その上で、「人間は侵略的外来種のリストに加えられていますか? 猫には不当に大きな責任が課せられています」と不満を漏らした。

次ページ
■猫の手にかかる鳥の数は…

密着! ネコの一週間【Amazonでチェック】

話題ポーランド野生動物翻訳記事侵略的外来種イエネコ生物多様性
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング