乳児期に誘拐された女性の数奇な運命 2人の父親とヴァージンロードを歩み…

生まれてすぐに誘拐されるも、大切に育てられた女性。「父親には感謝の気持ちでいっぱい」と語り…。

2022/08/01 20:00

結婚式・ウェディングドレス

人生には稀に、神様のいたずらとしか思えない「不思議な出会い」というものがある。幼い頃に誘拐された経験を持つ、ある女性の仰天ストーリーをイギリスの『The Sun』が報じている。



 

■流産を誰にも伝えられず…

南アフリカのケープタウンに住むミチェ・ゼファニーさん(25)は1997年4月30日、生後わずか3日で、入院していたグルート・スチュール病院から誘拐された。

犯人はラヴォナ・ソロモンという女で、流産を経験したばかりだった。さらに家族や周囲にそのことを伝えられず、「妊娠は順調」と偽って生活していたという。

そして予定日に近づいたある日、ラヴォナは看護師に扮して病院に侵入。産まれたばかりの女の子を保育器から抱き上げ、連れ去ったのだった。


関連記事:幼いわが子2人を自宅から連れ去られた父親 執念で後を追い逮捕に貢献

 

■そっくりの転校生

ラヴォナは何も知らない夫のマイケルさんとともに、その子を「ミチェ」と命名。夫婦で大切に育てていった。

だが、ミチェさんが17歳になったある日、高校の下の学年にキャシディさんという女の転校生がやって来た。自身も周囲も驚くほど、彼女はミチェさんに顔がそっくりだった。

ミチェさんは「キャシディを見た瞬間、特別な繋がりがあると確信したの」「私たちはすぐに友達になった。一緒にいるとすごく安心できた」と当時を振り返っている。

次ページ
■「誘拐された私たちの子」と確信

誘拐【Amazonでチェック】

結婚式父親看護師話題姉妹誘拐転校生婚約流産翻訳記事ヴァージン・ロード
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング