最高気温41℃予想に「地獄レベル…」と悲鳴続出 “体感温度”がトレンド入り

日本気象協会が最高気温が40℃以上の日の新たな呼称を発表。ネット上では悲鳴が続出していた。

2022/08/02 16:45

暑さで汗をぬぐう女性

2日、埼玉県熊谷市では最高気温41℃が予想され、かなり厳しい暑さに。日本気象協会は、これらの気温を表現する新しい呼称を発表した。



 

■最高気温40℃以上を「酷暑日」に

日本気象協会は、所属する気象予報士130人にアンケートを実施。

その結果、最高気温が40℃以上の日を「酷暑日」、最低気温が30℃以上の夜を「超熱帯夜」と呼称すると発表した。これは気象庁が定義したものではなく、独自に命名したものだ。


関連記事:週末は早くも関東で35℃超の「猛暑」到来 梅雨明けの可能性は…

 

■気象庁の定めた表現にはない

日本気象協会によると過去に国内で40℃以上を観測したのは、1875年の統計開始から32地点計67回で、うち59回は2001年以降に集中しているそう。

最高気温35℃以上の日を「猛暑日」、最低気温が25℃以上の夜を「熱帯夜」など、気象庁が定めた予報用語は数多く存在しているが、それを超える表現はなかったようだ。

熱中対策ウォッチ カナリア【Amazon】

次ページ
■「体感温度」がトレンド入り
ライブ気温話題最高気温日本気象協会
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング