食パンの袋、捨てるのはもったいない… 警視庁が教えるワザに「なるほど」

普段、何気なく捨てている「食パンの袋」だが、ちょっとした便利アイテムになるという。

2022/08/03 05:05

食パン

普段何気なく捨てている食パンの袋。じつは、いざというときに役立つ「便利アイテム」に変身する?

警視庁警備部災害対策課が公式ツイッターで食パンの袋の使いみちについて投稿し、「なるほど!」と反響を呼んでいる。


画像をもっと見る

 

■「PP」が目印

食パン

「食パンの袋がいざという時に役立つことを初めて知り、今まで捨てていたことにガッカリ」とツイートした同アカウント。食パンの袋として使われることが多いポリプロピレンは防臭効果があるため、さまざまなシチュエーションで活躍が期待できるという。

食パン

リサイクル表示で「PP」と書かれてあるものを選ぼう。


関連記事:ダイソー、ゴミ箱をグレードアップするアイテム 試したら想像以上に便利だった

 

■生ゴミやペット用の袋に…

食パン

防臭と聞いてまず思い浮かぶのは、キッチンまわりの生ゴミで、夏場はとくにニオイが気になりがち。普段は防臭用の小さなゴミ袋を使っているため、わざわざパンの袋を用意するまでもないが、パンを食べたついでストックしておけばゴミ袋を1枚節約できると考えると便利だ。

また、外出時に持っておけば「いざ」というときに使える袋にもなる。これはたしかに「なるほど」だ…。

投稿に対するユーザーの反応を見ると、生ゴミ以外にも「猫のトイレの砂用」「おむつ用」といった用途で使われているようだ。

揖保乃糸 上級、縒つむぎ、特級食べ比べセット【Amazonでチェック】

次ページ
■皿洗いでも活躍?
ツイッター話題防災警視庁食パン警視庁警備部防災対策課
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング