天ぷらは揚げたて、中身は刺身 「レア天丼」のウマさに衝撃走る…

外はサクサク、中は半生の「レア」な天丼が食べられるお店に行ってみると…。

2022/08/04 11:15


 

■マグロの天ぷらを食べてみると…

レア天丼

まずはマグロからいただく。衣はサクッとしているが、中は刺身状態。だからといって冷たいわけではなく、外側は熱々で中はほどよい温かさ。

マグロにはにんにく風味のたれで漬けになっているらしく、脂は控えめながら濃厚だ。「レア」状態なこともあり、刺身というより赤身肉を食べているような感覚になる…。わさびを付けるとツンとくる辛さとよく合う。

黒ガリ

卓上には「黒ガリ」という薄めの醤油に漬けられたガリが置いてあり、これがサッパリしていてまたウマい。


関連記事:てんやの新メニュー「初夏天丼」食べてみた かつおの天ぷらより”衝撃的なもの”

 

■エビに感動

レア天丼

魚介の天ぷらは「レア」だが、野菜はしっかり揚げられておりまったく飽きない。最後にエビをいただく。

エビ天

個人的にはこのエビに感動した。通常、エビ天はしっかり火が通っているので弾力があるが、このお店のはお刺身で食べるエビそのもの。

1匹丸ごと揚げられており、頭の部分にはなんと味噌も詰まっている。濃厚なエビ味噌とサクサクの衣が堪らない…。今回、普通盛りにしたのだが、ご飯もしっかり盛られていて大食いの記者もお腹一杯になった。

先述した理由から半生の天ぷらは滅多に食べられない。価値としても”レア”な天丼の味を、ぜひ自分の目と舌で確かめてほしい。


【羽田市場食堂 池袋サンシャイン60通り店】

東京都豊島区東池袋1-29-4 1階

・合わせて読みたい→てんやが「素人は味の想像ができない天ぷら」を販売予定 先に試してみた結果…

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

家で天ぷら作るなら…【Amazonでチェック】

天ぷら刺身池袋天丼レア羽田市場食堂
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング