ハリセンボン、活動の展望明かし驚きの声 「意外」「真逆のイメージ」

今後住んでみたい場所を明かした箕輪は「すごい快適だし」と魅力を説明する。

2022/08/04 00:55

ハリセンボン

お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜箕輪はるかが3日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。今後の目標を明かし、共演者たちを驚かせた。



 

■チョコプラの夢

チョコレートプラネットをゲストに迎えたこの日。出演者のTOKIOとハリセンボンがゲストに赤裸々な質問をぶつける企画「友達ってことで聞いていいですか?」を実施した。

「これからの夢は?」と問われた長田庄平。じゃんけんの掛け声「最初はグー!」を考案した志村けんさんのように、後世に残るモノを発明するのが目標と語った。

一方、松尾駿は「『くいしん坊! 万才』をやりたいです」と同局の料理番組を挙げる。「あれって誰もが知っている人だからできる仕事じゃないですか。予想ですけど、毎月美味しいモノが送られてくるはず。そうなったら最高」とニヤリとした。


関連記事:ハリセンボン箕輪、芸人以外で憧れた職業を語る 近藤「YouTubeで追わせて」

 

■ハリセンボンの野望に「え?」

ここで、松岡昌宏が「ハリセンボンは? 最終形」と水を向けた。

すると箕輪は「海外に住みたいっていうのは2人ともなんかあるんですよね」と野望を打ち明ける。TOKIOとチョコプラは予想外で「え?」「おもしろいね」と目を丸くした。

次ページ
■日本と海外の2拠点生活

→【Amazon】日用品・食品・飲料サマーセール開催中 8/12まで

TOKIOハリセンボン近藤春菜松岡昌宏メキシコTOKIOカケルチョコレートプラネット長田庄平松尾駿箕輪はるか
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング