チョコプラ松尾、街で「IKKOを求められた時」の対処法を告白 目立たないよう…

街で声をかけられネタ・キャラを求められた際、チョコレートプラネットやハリセンボンはどうするのか。

2022/08/04 07:40

松尾駿

3日放送『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に大ブレーク中のお笑いコンビ・チョコレートプラネットの長田庄平と松尾駿が登場。街でネタ・キャラを求められた際の対処法を語り合い、話題を集めている。



 

■街で求められたら?

TOKIOと女性代表の進行役・エンジェルちゃんが用意した質問にゲストが赤裸々に答えていく人気企画『友達ってことで聞いていいですか?』をこの日は放送。

この日のエンジェルちゃん・ハリセンボンの近藤春菜はゲストのチョコプラに「街で求められたらどうする?」と、街でネタやギャグ、キャラを求められた際にどう対処するかを尋ねた。


関連記事:菅野美穂、子供についている嘘を明かす 「広瀬すずちゃんのCM見て…」

 

■最終手段は会釈

近藤の場合は「○○じゃねーよ」のフリを求められがちだと告白。相手が少人数の場合は返せるのだが、修学旅行生や団体になると「歯止めがきかなくなる」ため、すべてを受け入れて「会釈」でその場をごまかすと語る。

チョコプラは多くのキャラクターを生み出してきただけに、長田・松尾として声をかけられるよりもキャラを求められるのではと近藤は推測。その際の対処法が聞きたいと明かした。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■人気キャラを量産
テレビTOKIOハリセンボン近藤春菜国分太一TOKIOカケルIKKOチョコレートプラネット長田庄平松尾駿和泉元彌
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング