かくれんぼ中の少女が毒ヘビに噛まれ死亡 周辺では40匹を捕獲する大騒ぎに

危険な生き物や植物は、どこに生息しているか分からない。外に出る際には十分にご注意を。

2022/08/05 07:00

毒ヘビ

キャンプ、釣り、海水浴など、アウトドアがとにかく楽しいいこの季節。だが周辺には、危険な生き物や触れてはいけない植物が多く潜んでいる。

海外では、かくれんぼをして遊んでいた少女が、ヘビに噛まれ亡くなるという事故が起こってしまった。イギリスの『Mirror』や『Daily Record』が報じている。



 

■かくれんぼに夢中だった少女

インドの北東部に位置するビハール州で、このほど5歳の少女が毒蛇の犠牲になった。別宅に暮らす父親の家に遊びに出かけた少女は、かくれんぼをして遊んでいたところで突然、物陰から姿を現したヘビに噛まれてしまったのだ。

少女の体調はみるみる変化し、ただちにノース・ディナジプール・ライガンジ病院へと救急搬送された。


関連記事:爬虫類50匹以上を服の中に隠していた男が逮捕 税関くぐり抜ける手口で密輸多発

 

■40匹のヘビを捕獲

少女は搬送中に意識をなくし、ヘビの毒は全身へ回っていた。病院へ到着しても為す術もない状態で、死亡を宣告されたという。

この事故を受け、動物保護当局の職員たちが父親の自宅に出動。敷地内と周辺を捜索した結果、なんと40匹ものヘビを発見し、捕獲して森に放ったという。

次ページ
■アメリカでもヘビの被害

危険生物 新版 (学研の図鑑LIVE(ライブ))【Amazonでチェック】

インドアメリカアウトドア植物釣り話題公園キャンプサイクリングかくれんぼ海水浴ドクターヘリ毒ヘビ翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング