13歳女子が運動場で麻痺が残る重傷を負い… 同じ学校の男子生徒が逮捕

ケガを負わせた男子は、すでに自宅に戻っているもようだ。

2022/08/05 05:45

学校・校庭

安全なはずの学校で、いきなり襲われた女の子。その際に頭から地面に落ち重傷を負ったこと、また女の子の現在の様子や家族のコメントを、『The Daily Star』など海外のメディアが伝えている。



 

■運動場で事件発生

8日、イギリスの学校に通う女の子(13)が運動場に出たところ、10代の男子生徒が接近し、いきなり首をつかみ女の子の体を持ち上げた。さらにコンクリートの地面に叩きつけるという、恐ろしい行為に及んだ。

頭から勢いよく落ちて重傷を負った女の子は、病院に搬送され治療を受けたが、一時は昏睡状態に陥り危険な状態だった。


関連記事:ウクライナの9歳女児がロシア軍攻撃で腕を切断 「胸が張り裂けそう」の声

 

■重傷を負い麻痺も…

脳にダメージを受けた女の子の家族は地元メディアの取材に応じ、「体だけではなく、心にも大きな傷を負った状態です」と女の子についてコメントしている。

また女の子が以前の生活には戻れない可能性があると示唆し、現在も大きなキズと左半身麻痺が残った状態だと公表した。麻痺については一時的なもので回復に向かうとみられているが、「(良くなるまで)長い時間がかかります」と家族は打ち明けている。

次ページ
■リハビリが必要に

防げ!学校事故~事例・裁判例に学ぶ予防策と対処法~【Amazonでチェック】

話題イギリスリハビリ昏睡麻痺翻訳記事運動場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング