子供2人を平等に愛せない母親の深い悩み 「息子に“望まれない子”と悟られる」

夫の希望で産んだものの、「愛せない」と思い悩むように…。

親子・母親・息子

2人とも自分が産んだ子ではあるけれど、同じように愛することがどうしてもできない。夫の希望を尊重して第二子を出産した女性が、深い罪悪感に苦しんでいる。



 

■「子供は1人」と決めていた女性

海外で暮らす女性(39)には、夫(40)、娘(5)、そして息子(3)がいる。子供の数については「1人で十分」というのが女性の考えで、2人目を産むつもりはまったくなかった。

だが娘が誕生すると、夫から「一人っ子ではかわいそうだ」と言われるようになったため、女性はしぶしぶ経口避妊薬の服用を中止したという。


関連記事:婚外子を受け入れた妻に不貞の夫が追い打ち 「息子はアレルギーだから犬を里子に…」

 

■夫の望みを叶えたが…

「絶対に妊娠しませんように…」と願っていた女性だが、ほどなくして妊娠が判明。お産はスムーズに進まず、緊急帝王切開で出産することになった。

そしてようやく息子を腕に抱いたものの、娘を出産したときのような愛情がどうしても生まれない。「この微妙な気持ちもいつかは変化する」と思いながら子育てしてきたが、今も気持ちは暗いままだそうだ。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■結婚生活にも暗雲
出産妊娠話題帝王切開産後うつ経口避妊薬翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング