スパイク松浦、記録的大雨襲った故郷・山形を心配 「命を守る行動を最優先に」

スパイク松浦の故郷・山形を襲った豪雨。その近況について松浦自身が触れた。


 

■断続的な雨が続く

山形県内の天気予報を見ると、再び週末から一週間以上断続的に雨が続く予想が。水かさが増えた河川で二次被害が発生する可能性もある。

「雨による被害がまだあると思います。命を守る行動を優先できるよう、親にもしっかり言い聞かせたいと思います」と松浦は続けた。


関連記事:ニッチェ江上、地震発生時にとっさに取った行動明かす 「本当に怖かった」

 

■「山形県沖地震」

2019年6月、観測史上初めて山形県内で震度6以上の揺れを記録した「山形県沖地震」が発生した際にも、故郷を思いやっていた松浦。

発生翌日には「山形県沖地震。実家と連絡は取れてますがこの後の余震や天気の被害がこれ以上出ないことを祈るばかりです。鶴岡の皆んな寝れてないだろうなぁ、、安全な場所にいて、無理せずとにかく早めの避難を心がけてくださいっ!!」とファンに呼びかけ、注意を呼びかけていた。

・合わせて読みたい→長州力、度重なる地震への注意を呼びかけ 「少しの落ち着きが身を助けます」

(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤

ベストセラー1位『消防レスキュー隊員が教える だれでもできる防災事典』【Amazon】

災害大雨地震洪水豪雨氾濫スパイク松浦志穂山形沖地震
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング