動物保護施設の職員が犬を欲しがる肥満女性を拒否 「体型差別」と叩かれる事態に

「太っていても動ける」という意見が続出した。

犬・飼い主・肥満女性

「犬を飼いたい」と言う女性を見た施設の職員が、「こんなに太っている人に十分な世話は不可能」と判断し、世間から叩かれた。その職員の投稿に『The Sun』など海外のメディアが注目し、内容をまとめて紹介している。



 

■元気な犬を保護した施設

海外の動物保護施設に、とても元気のいいロッキーという名前の犬がいる。ロッキーは十分に運動させないと家でも暴れるほど活発だが、性質は良く愛情も深い。

ある職員もロッキーを気に入り「良い飼い主が見つかりますように」と願っていたが、ロッキーはとにかくエネルギーが有り余っており、世話が大変だった。そのため「引き取りたい」という人は、なかなか現れなかったという。


関連記事:サポート必須の児童を抱きしめた女性職員が解雇 裁判所は不当処分と判断

 

■女性が飼い主候補に

数週前のこと、施設は「犬を引き取りたい」という人を招待しマッチングイベントを開催。すると丸々とした女性がロッキーを気に入り、「ぜひ飼いたい」と職員に声をかけた。

ロッキーも女性にすぐになついたが、職員は女性の体型を見て困惑した。「この人にロッキーを任せても、きっとすぐに返しに来る」「もう少し辛抱強く待って、ロッキーにぴったりの飼い主を見つけてあげたい」と考え、女性にロッキーを引き渡すことを拒否したそうだ。

次ページ
■「デブだからって」と女性が激怒

差別はたいてい悪意のない人がする: 見えない排除に気づくための10章【Amazonでチェック】

SNS肥満話題飼い主reddit翻訳記事保護施設マッチングイベント
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング