舛添要一氏、内閣改造の人事基準に持論 「安全保障、経済などもっと…」

内閣改造の基準で“統一教会関係者の排除”が重要とされており、舛添要一氏はこれを疑問視した。

2022/08/08 17:45

舛添要一

舛添要一前東京都知事が8日、自身の公式ツイッターを更新。10日に行われる内閣改造の人事基準に言及した。

【ツイート】舛添氏「適材適所で人事を進めてほしい」



 

■人事基準に違和感

政治家と旧統一教会の関わりが連日報道されており、舛添氏も、「私は統一教会の反社会性を厳しく批判してきた」と話すが、「この団体との関係が10日の内閣改造人事の最重要基準になるのには少し違和感を感じる」と続け、人事基準の重要度については疑問を示した。

人事基準に異論がある舛添氏は、「『排除』の基準をどう設定するかにもよるが」と前置きをして、「安全保障、経済などもっと重要な課題が山積みしている。政治家の能力をよく見極めて、適材適所で人事を進めてほしい」と自身の考えを述べた。


関連記事:舛添要一氏、統一教会などカルト宗教について持論展開 「カルト110番の設置を…」

 

■内閣改造の課題を指摘

舛添氏は7日深夜にも、音声配信サービス・voicyの『ゾエちゃんねる』を更新し、内閣改造の課題を指摘。

岸田文雄首相が内閣改造を始める理由について、「(内閣改造を宣言したのは)なぜかっていうと、支持率がどんどん下がってきた」と話し、「下がってきた理由はもう明確なんで、1つはコロナ感染が爆発的に増えた。もう1つは統一教会の問題ですね。そして3番目は、ウクライナ情勢とも関係がありますけども、円安も絡んでの物価高」と続け、内閣支持率が下落に至った原因を説明した。

その上で舛添氏は、「この3つの課題にきちんと対応できなければ、下手をすると内閣は潰れる」と、今後の取り組みが重要であることを指摘した。

舛添要一『都知事失格』【Amazonでチェック】

次ページ
■「適材適所で人事を進めてほしい」
ツイッター舛添要一内閣改造岸田文雄ウクライナ情勢円安物価高旧統一教会ゾエちゃんねるvoicy
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング