世界最大の格ゲー大会、実況の「4文字」絶叫に耳を疑う… 日本勢からは称賛の声

世界最大規模の格闘ゲームの祭典・EVOにて興奮した実況者の口から放たれた日本語「4文字」が、多くの日本人各ゲーマーに衝撃を与えており…。

2022/08/10 11:15

ドラゴンボール

その言葉が本来持っていた意味が薄れて別の意味での用途が主流となり、現在では「多義語」となったフレーズも少なくなく、たとえば「ヤバい」などがその筆頭であろうか。

なお現在ツイッター上では、同じく多義語になりつつある「予想外の4文字」が世界規模で注目を集めているのだ。

【話題のツイート】これはクソゲー…いや、KUSOGEEE!?



 

■世界に羽ばたく「クソゲー」

大きな話題となっているのは、ツイッターユーザー・八木さんが投稿した一件のツイート。

こちらの投稿には「海外でどうやら『クソゲー』という言葉が『ありえね〜〜〜』みたいなニュアンスで使われてるらしく、EVOの実況者が『KUSOGEEEEEE!』って叫んでてめちゃくちゃ面白い。世界大会やぞ」と綴られており、対戦格闘ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』(以下、DBFZ)の対戦動画が貼られていたのだ。

動画を再生すると作中キャラクター・天津飯とゴジータ(超サイヤ人4)の対戦する様子が確認できたのだが、ゴジータのメテオ超必殺技がヒットするや否や、外国人実況者の男性は「No Way!」とリアクションを見せ、続けて「KUSOGEEEEEEE!」(クソゲー!)とネイティブ全開な英語発音で絶叫し始めたではないか。


関連記事:格ゲーマーの置き配、何かがおかしい… 玄関前の光景が「ワイルドすぎる」と話題に

 

■全国の格ゲー勢から「面白過ぎる」

「ハラキリ」や「カローシ」など、日本語読みがそのまま英語でも使用されるようになった有名な概念はいくつか存在するが、まさか「クソゲー」がこれらのワードと肩を並べる日が来るとは誰が予想できたであろうか。

さらにこちらの対戦動画は、今年は8月5日から7日にかけてアメリカのラスベガスで開催された世界最大規模の格闘ゲームの大会「Evolution Championship Series」(以下、EVO)のものであり、そうした大会の壇上で「クソゲー」が発せられ、日本の格ゲー勢の度肝を抜いたというワケである。

件のツイートは投稿から2日足らずで2万件以上ものRTを叩き出しており、他のツイッターユーザーからは「夜中にめちゃくちゃ笑った」「発音めっちゃ良いな」「世界大会で『KUSOGEEE』は面白過ぎる」「ニュアンス的に間違っていないのがまた良い」といった反響の声が多数寄せられているのだ。

果たして実況者の外国人男性は、なぜ「クソゲー」というフレーズを用いたのか疑問に感じた人も少なくないだろう。じつはこちらのエピソードには、さらなる衝撃展開が待ち受けていたのだ…。

みんなで仲良くプレイしよう【Amazon】

次ページ
■再評価著しい「クソゲー」の魅力
ゲームドラゴンボールツイッター話題クソゲーEVO格闘ゲーム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング