中学校教師が体罰で腹筋100回を強要 立ち上がれず入院した生徒も

昔より教師が優しくなったぶん、授業中にふざける生徒が増えたのも事実だ。

2022/08/11 18:30

学校・教室

ひと昔前までは、授業態度が悪いからと体罰を受ける生徒や、部活動でビンタを食らう生徒がいたが、現代の教育現場でそれらは御法度だ。

それでも海外には、いまだ体罰が行われているという国も。インドでこのほど、行き過ぎた体罰があったことを『TIMES NOW』や『HINDI BLOG』などが報じている。



 

■体罰に腹筋100回

インド・マディヤプラデーシュ州のニーマチ地区にある中学校で、このほど教師による体罰の問題が発覚した。

ギルダウダ村に暮らし、その学校に通うコマルさんという女子生徒の父親のラジェシュ・スタールさんが、「教師が体罰として娘に腹筋100回を命じた」と告発したのだ。


関連記事:秀岳館サッカー部暴行騒動 被害生徒が謝罪する姿にネット上で「ふざけるな」の声

 

■体調不良で入院した生徒も

同じ体罰を受けさせられた生徒は他にも4人いるといい、コマルさんは腹筋100回を終えた後、ひどい体調不良を訴えた。

立つことも歩くこともできなくなり病院に搬送され、そのまま娘が入院となったことにラジェシュさんは激怒。行き過ぎた体罰だとして教師を強く非難している。

体罰はなぜなくならないのか【Amazonでチェック】

次ページ
■求められる公正な調査
部活腹筋中学校教師生徒話題体罰授業体調不良翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング