40代女が偽の救急通報し嘘を繰り返す 猛省も虚しく実刑判決に

「自殺する」とも騒いだ女を、裁判官は許さなかった。

2022/08/15 07:30


 

■「死にます」と通報

2021年10月に、女はまたしても通報。「死ぬつもりなんです」と話しスタッフを慌てさせたが、精神状態を確認したところ問題はないことが判明。それどころか女は大量の酒を飲んでおり、酔った状態で通報していたことが明らかになった。

女の通報により無駄になった時間は、なんと数十時間。当局はこれを重くみて、女の逮捕に踏み切った。裁判官は、「ばかばかしい話で、スタッフの時間を無駄にした」「実際に助けを必要とする多くの人たちに大変な迷惑をかけた」と女を厳しく批判した。


関連記事:保育所スタッフの幼児虐待がライブカメラで判明 保護者が怒鳴り込む事態に

 

■重い判決

弁護士は女につらい過去があること、そして十分に反省していることも主張したが、裁判官は「その年なら、救急隊の苦労も理解できるでしょう」と女を批判。懲役2年の実刑判決を言い渡した。

意外に重い判決をくだされた女は「すみません」と謝罪し、「もうしません」「約束します」などと口走ったと報じられている。

・合わせて読みたい→出前を頼んだ客に皿を投げられた店主が流血 いくつかの料理を届け忘れ…

(文/Sirabee 編集部・マローン 小原

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学【Amazonでチェック】

話題精神疾患実刑翻訳記事血中濃度緊急通報
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング