「万能薬」と信じ毎日自分の尿を飲む男性 匂いが原因で同居人とトラブルに

SNS上には、この男性の尿を求める熱心な支持者も…?

2022/08/20 08:30


 


 

■同居人とはトラブルに

一部の人々からはカリスマ的な扱いを受けているブラザー・セージさんだが、すべての人が彼の話に納得しているわけではないことも認めている。

最近では尿を保管している際に発生する「匂い」をめぐって同居人と衝突があったことを明かし、新たな場所を探さなければならなくなったという。「夜間に尿の匂いが廊下にまで伝わってしまうため、家以外の場所で飲尿を行うことのできる場所を探しています」と語っている。


関連記事:犬の散歩に出るたび近隣住民から罵声 「不安発作が止まらない」と飼い主は悲痛

 

 

■「万能薬」を広めたい

ブラザー・セージさんは自分の尿を人助けのために使いたいと考えており、SNSを通じて自分の尿の効果を精力的に宣伝している。

また、彼の尿の効能について人々に教えるワークショップを開催しており、料金は一人当たり185ドル(約2万4,000円)で、カップルには割引価格も用意しているそうだ。

・合わせて読みたい→恋しさを抑えられなかった80代男性 認知症の恋人を介護施設から連れ出し逮捕

(文/Sirabee 編集部・びやじま

民間療法は本当に「効く」のか: 補完代替療法に惑わされないためのヘルスリテラシー【Amazonでチェック】

アメリカウイルス洗顔日焼けがん尿カリスマコロラド州民間療法水浴び翻訳記事尿療法飲尿万能薬足浴
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ