パンサー尾形、『水ダウ』過酷企画で涙浮かべ… ネタばらしに声荒らげる

『水曜日のダウンタウン』に出演の尾形。「そんな訳がない罰ゲーム講習会」なる企画でまさかの涙?

2022/08/24 23:45

尾形貴弘

24日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に、お笑いトリオ・パンサーの尾形貴弘が出演。企画の中で見せた仕事への姿勢に、視聴者からは感動の声が寄せられた。



 

■「罰ゲーム講習会」を開催

番組では、「そんな訳がない罰ゲーム講習会」なる企画を放送。

冷水や電流など、過酷な罰ゲームをテレビで流す際「(演者は)特別な訓練を受けてます」と表示される場合があることに絡め、今回は、視聴者から「本当に受けてるのか?」と吉本興業に問い合わせが殺到したために急遽講習会を開いた、という設定で尾形を騙すことに。

実際には存在しない講習会なのだが、仕掛け人となる芸人が多数参加したため、尾形も信じている様子。まずは、バラエティ番組での罰ゲームによる事故を再現したVTRを流し、罰ゲームがいかに危険であるかを、メッセージとして伝えていく。

タライ落下による大怪我など、本当はありもしない状況について映像で淡々と説明があるのだが、尾形は疑うことなく、食い入るように見つめる。


関連記事:パンサー尾形、学生時代の異名を明かす 連日「八王子にナンパ行ってて…」

 

■涙を浮かべながら…

つづいて、罰ゲームに関する免許を取得していく流れに。熱々おでんや電流、わさびなど、実際にどこまで耐えられるかをその場で測定し、それを「罰ゲーム免許証」に印字。合格しなければ、今後その仕事を受けられないと説明。

「そっち(罰ゲーム系)じゃなきゃ生きていけないもん」と豪語していた尾形だけに、わさびの咀嚼や電気椅子など、涙を浮かべながらも「大丈夫です」と耐えていく。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■「芸人魂を見た」
芸人ドッキリ水曜日のダウンタウンパンサー尾形貴弘水ダウ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング