病気が治った実母が同居解消してくれず… 思春期の息子を持つ女性が悩み中

実の親にも、「出て行け」とは強く言えず…。

母・娘・姑・嫁

大事な母親を「一時的に…」とアパートに呼び寄せたものの、なかなか帰ってもらえず困っている女性がいる。「そろそろ帰って」と言っても断られるし、無理やり追い出すわけにもいかない。どうすればこの問題を解決できるのだろうか。



 

■実母を呼び寄せた女性

一人息子(13)と2人で暮らしていた海外在住の女性(51)には、気がかりなことがあった。3月に手術を受けた高齢の実母(75)が、たったひとりで暮らしていたことだ。

ひどく狭いアパートではあるが、いっそのことしばらくはアパートに呼び寄せて一緒に暮らしたほうが安心だ。そう考えた女性は、母親に連絡。2ヶ月ほどの予定で同居を開始した。


関連記事:冨永愛、働くママたちが抱える悩みに助言 大切なのは「時間より深さ」

 

■帰ろうとしない母親

同居開始からしばらく経過し母親の状態も安定したため、女性はさり気なく同居の解消を提案。もう帰っても大丈夫だと伝えたが、アパートの生活になじんだのか、母親は帰ろうとしない。

あれこれと言い訳を繰り返しては話題をそらし、今もまだ女性のアパートで生活しているというのだ。

母がしんどい【電子特典付】 (角川文庫)【Amazonでチェック】

次ページ
■思春期の息子も悩むように
母親思春期息子話題同居翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング