日高屋、ついに値上げも「中華そば390円」のまま ”感動的理由”があった…

日高屋が苦渋の値上げに踏み切った。それでも中華そばの値段は変わらず…。

2022/08/26 04:15

日高屋

8月は身の回りのあらゆるものが値上げし、気分が落ち込んでいる人も多いだろう。26日より、これまで価格を据え置きにしていた日高屋も値上げする。

人気メニューの値段が上がる中、同店の中華そばは390円のままだ。このメニューの価格を変えないのには、「ある理由」が…。

【写真】日高屋本社が「公式回答」


画像をもっと見る

 

■リーズナブルな価格を貫く

日高屋

日高屋は、東京、埼玉、千葉、神奈川を中心に400店舗を展開する中華料理チェーン店。リーズナブルかつ、おいしい料理を提供することでファンも多い。

4月末で麺類の大盛りが無料になる「モリモリサービス券」が配布終了となったが、それ以降も価格を変えることはなかった。今回の値上げは、日高屋としても苦渋の選択に違いない。

同店の値上げ発表に対して、ネット上では「日高屋が値上げとはこの世の終わりです」「日高屋値上げは泣いた」「むしろ今までよく踏ん張ってた」「値上げしてからも俺は通い続ける」など、ファンから様々な声があがっている。


関連記事:苦渋の値上げに踏みきる福しん、クーポン券はどうなる? 本社が「正式回答」

 

■値上げ幅は10~50円

日高屋

日高屋

今回の値上げにより、餃子6個が230円から250円、野菜たっぷりタンメンが490円から550円、ニラレバ炒め定食は680円から710円(いずれも税込み価格)など、人気メニューの価格が変わる。しかし、いずれも10~50円の価格改定にとどめたのだから驚きだ…。

多くのメニューが値上げする中、価格が変わらないものがある。中華そばが390円のままなのだ。

中華そばも、原材料価格高騰の影響は受けているはず。同メニューの価格を据え置くのはなぜなのか。日高屋の本社であるハイデイ日高に尋ねたところ、「感動的理由」が明らかになったのだ。

値上げラッシュを乗り切るために…【Amazonでチェック】

次ページ
■本社に問い合わせると…
ラーメン餃子チェーン店中華日高屋チャーハン値上げ中華そば
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング