綾瀬はるか、『ぎぼむす』義母役で“初めて芽生えた感情”語る 「自然に…」

『義母と娘のブルース』での思い出を回顧した綾瀬はるか。その際に「初めての感情」が芽生えたと明かし…。

2022/08/29 09:10


 


 

■土下座のシーンで

さらに同作での土下座のシーンでも珍事が。

「その体勢(土下座の姿勢)のまま、『ちょっと待っててください』って言われて。その体勢のままずっとこうやってやってて、本番始まってるのに気付かなくて、途中でハッと起きたっていう」と綾瀬が振り返ると、林修氏は「それは寝てましたね、間違いなく」とツッコんだ。


関連記事:綾瀬はるか、30歳での芸能界引退を考えていた 大河ドラマで燃え尽きるも…

 

 

■視聴者の感想は…

『ぎぼむす』で「子供がかわいい」との母性が初めて芽生えたという綾瀬。

貴重な『ぎぼむす』裏話に、視聴者からは「綾瀬はるかみたいなお母さんが良かった」「綾瀬はるかの義母娘良かったなぁ」「綾瀬はるかちゃん土下座しながら寝るってスゴい才能」といった感想が寄せられている。

・合わせて読みたい→綾瀬はるかの意外な”カラオケ十八番”にTOKIOも仰天 「そんな印象なかった」

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

綾瀬はるかテレビNHKTBS林修義母と娘のブルース日曜日の初耳学八重の桜
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ