住宅地に出現した謎のフキダシ、よく見ると… 予想外な「1文字」に称賛の声相次ぐ

一見すると、ごく普通の民家に見える建物。屋外に掲げられた予想外な「漢字一文字」が話題に…。

2022/09/03 04:45

文字を書く際、掲げる際は「大きくはっきり」した表記が好ましいとされるが、ときには「小さく慎ましい」表記が思わぬ働きを見せるケースも。

ツイッター上では現在、まさに「ちいかわ」を体現した看板に、称賛の声が寄せられているのをご存知だろうか。

【話題のツイート】ただの民家ではなかった…!


画像をもっと見る

 

■民家(?)に掲げられていた意外な物とは…

注目を集めているのは、今月1日より東京・高円寺にてオープンした書店「蟹ブックス」が投稿した一件のツイート。

「看板小さすぎたでしょうか?」とだけ綴られた投稿には、高円寺の住宅街で撮影したと思しき写真が添えられており…よく見ると一軒の家屋に「看板らしきもの」が掲出されている

蟹ブックス

その「看板」と呼ぶには些か控えめなサイズ感をした物体には、「本」とだけ記されていたのだった。


関連記事:修羅の国・足立区で出会った看板、クセが強すぎる 「全員悪人」と思いきや…

 

■「奥ゆかしくてかわいい」と大反響

サイズだけでなく、看板としての効果も控えめに感じられた件の看板だが、蟹ブックスのツイートは投稿からわずか数日で3,000件以上ものRTを記録するほど大きな話題に。

また他のツイッターユーザーからは「シュールでめっちゃ良い」「奥ゆかしくてかわいいな」「思わず探してしまった」「看板っていうよりフキダシみたい」といった反響の声が多数寄せられていた。

蟹ブックス

しかし、店側も「小さすぎたでしょうか」と心配してしまう看板は、どのような経緯で誕生したのだろうか…。こちらの疑問を蟹ブックスにぶつけてみたところ、さらに微笑ましい「舞台裏」が明らかになったのだ。

好きです、高円寺!【Amazon】

次ページ
■看板作成後の「心理戦」が微笑ましすぎる…
ツイッター看板書店本屋話題蟹ブックス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング