中村仁美、高級私物の査定金額に驚愕 「いやいや…3つですよ?」

リサイクルショップにて、1万円以上する私物を出品した中村仁美。その買取価格は…?

2022/09/06 09:05

中村仁美

5日放送の『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)では、フリーアナウンサーの中村仁美がリサイクルショップで私物を出品し、その査定金額に驚愕した。



 

■ブランド家電を出品

中村、キングコングの西野亮廣、哀川翔が行列のできるリサイクルショップで自宅の私物を出品し、いくらになるのかを大検証することとなった今回。

1人目の中村は、まずは1品目としてティファールの衣類スチーマーを出品。なお、新品価格は7,428円だが購入したのは5~6年前で、箱や説明書が一切ない状態となっている。


関連記事:かまいたち・濱家がヤフオクに私物を出品 予想を裏切る衝撃の値段で落札へ

 

■高級ラーメン丼の価格は?

そのためか買取価格は1,200円になり、中村が目標買取金額にしていた2,500円には届かなかった。そんな中村は、2品目に美濃焼の陶磁器メーカー「昭和製陶」が製作した、ほぼ未使用の特大ラーメン丼3皿を出品する。

この丼は通常のラーメン丼の約1.6倍という大きさで、新品価格は3皿で11,220円。なお、店舗で販売されている食器の値段はピンキリで、格安の物から10万円以上する高級食器も売り場には並んでいる。

南九州とんこつラーメン食べ比べセット(3種/6食) 【Amazonでチェック】

次ページ
■共演者も「ワンチャンある」と断言
テレビリサイクルショップテレビ朝日哀川翔西野亮廣キングコング中村仁美10万円でできるかな
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング