『ちむどんどん』末っ子役で注目 上白石萌歌、実姉・萌音との「距離感」

朝ドラ『ちむどんどん』で末っ子役の上白石萌歌。実の姉・萌音との関係はというと…。

2022/09/07 17:30

上白石萌歌

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』は、回を追うごとに盛り上がりを見せている。最近は、比嘉家の4人きょうだいの末っ子・上白石萌歌にスポットが当たる話も多い。

ここ数年、姉・萌音と共に「上白石姉妹」はめざましい活躍を見せているが、実姉とは独特の「距離感」があって…。

【写真】”ネーネー”に囲まれる萌歌



 

■歌を愛する末っ子役

『ちむどんどん』は、沖縄県の北部・やんばる地方の村に生まれたヒロイン・黒島結菜が高校卒業後、東京に上京して沖縄料理に夢をかけて修行する物語。婚約者の女性から”略奪”する形で好きな男性と結ばれるヒロインや妹の財布からお金を抜いてギャンブルに興じる兄など、「個性が強すぎる」キャラクターの行動はネット上でもたびたび話題になっている。

上白石演じる歌子は、幼いころから病気がちだが歌をこよなく愛するひたむきな役を演じている。


関連記事:上白石萌音、『カムカムエヴリバディ』で50回目の終戦日を迎え 世界平和を願う

 

■気になる「姉妹仲」は…

ドラマでは比嘉家の末っ子役だが、実生活でも同じく女優として活躍する上白石萌音を姉に持つ。上白石姉妹は2011年の『東宝シンデレラ』オーディションを機に芸能界入り。

萌音は昨年の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(NHK)でヒロインを務めたことでおなじみ。姉に負けじと、萌歌も2018年のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)、19年の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)、今年4月クールのドラマ『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)など、話題作に出演している。

あるテレビ局関係者は「姉妹仲」をこう語る。「2人暮らしで、仕事からプライベートのことまで何でも話せるみたいです。お互いにドラマの現場でおいしいお菓子をもらったら、独り占めせず家に持ち買って一緒に食べるそうですよ。姉妹というより友達に近い関係だと思います」(テレビ局関係者)。

『ちむどんどん』をもっと面白く見るために【Amazonでチェック】

次ページ
■「お互いの作品をチェック」
NHK朝ドラ姉妹上白石萌音上白石萌歌東宝シンデレラちむどんどん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング