睡眠不足は人助けの意欲を激減させる? 脳のスキャンで判明した研究結果が話題

睡眠不足の中で命を救う職についている人々は、より注意が必要だ。

2022/09/09 06:30

睡眠・熟睡・寝つき・寝不足・あくび

よく眠れなかった次の日は、不機嫌になることもあるだろう。睡眠不足は他人に優しくする精神を失わせてしまうということが、実験で証明された。

睡眠の専門家チームによって行われた研究を、『The Guardian』『Daily Mail Online』などの海外メディアが報じている。



 

■よく寝ている人は他人に寛大

アメリカの研究チームが学術誌『PLOS Biology』に寄稿したところによると、人間はたった1時間の休息を失うだけで、他人を助けたいという気持ちが削がれてしまうという。その対象が、家族や友人であってもだ。

研究チームは、160名の参加者が一晩眠った後に記入したアンケートを用いて、他人を助けたいという意思を調査。参加者はさまざまな場面に対して、「私なら立ち止まって助ける」から「無視する」までの尺度で回答した。

その結果、睡眠をうまく取れていない人のほうが寛大さが極めて低く、他人を助けたいという気持ちが失われていることが分かった。


関連記事:ノンスタ・石田、多忙のあまり「1時間睡眠」を告白 ファンからは心配の声も

 

■睡眠不足の脳は共感力が低下

また別の24人が参加した実験では、被験者が安眠した後と24時間睡眠を取らずに過ごした後の回答を比較。後者の場合に「人を助けたい」という意欲が78%も低下していたという。

MRIで被験者の脳をスキャンすると、他人に共感したり、他人を理解しようとする脳の領域の活動が著しく減退していることが示された。

睡眠負債 “ちょっと寝不足”が命を縮める (朝日新書)【Amazonでチェック】

次ページ
■睡眠時間減少が問題の現代
看護師アメリカ医師警察官話題睡眠不足認知症高血圧翻訳記事MRIカリフォルニア大学PLOS Biology
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング