36時間かけてハイカーに助けを求めた忠犬 谷底に滑落したご主人のため…

愛犬はやっとハイカーを見つけると、吠える声のトーンと表情でご主人の非常事態を伝えた。

2022/09/09 19:50

犬

長い年月をかけて交配を工夫し、人間に寄り添うようになった犬。知恵を働かせ、特殊な役割を果たせる犬種も少なくない。

やさしい愛犬との暮らしは高齢者を幸せにするといわれて久しいが、ときにはこんな形で命を救ってくれることも。イギリスのある話題を『The Sun』が伝えている。



 

■小川の岩に体を強打

イギリス・ノースヨークシャー州のノース・ヨーク・ムーアズ国立公園でこの夏、ハイキングをしていた高齢の男性が、誤って谷底に滑落する事故に見舞われた。

男性は、リンカンシャーのサットン・オン・シーから訪れていたマーティン・クラークさん(76)。60メートル下の谷底では小さな川の岩に体を強打し、動けなくなってしまった。


関連記事:大人も満足のプチプラ「エクセルのコスメ」注目&売れ筋ランキング

 

■ただ事ではないと悟ると…

マーティンさんはそのハイキングに、メスの愛犬「スキ(Suki)」を同行させていた。サルーキとコリーのミックスで、体毛のほとんどが黒く口回りと胸元の一部だけ白い。

スキは嗅覚や聴覚を頼りに谷底へ向かい、やっとご主人の姿を見つけたが、頭部から出血して苦悶する姿にただ事ではないと悟った。

ハチ公物語【Amazonでチェック】

次ページ
■36時間後にハイカーを連れて戻る
バイキング話題愛犬コリー滑落救助隊翻訳記事ハイカーサルーキノース・ヨーク・ムーアズ国立公園
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング