ビートたけし、『TVタックル』で日本の高速道路に苦言 「降りた瞬間…」

ビートたけしが日本の高速道路に苦言。阿川佐和子やパトリックハーランも同調した。

2022/09/11 14:50

ビートたけし・北野武

11日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしが日本の高速道路について、持論を展開した。



 

■危険な交差点を紹介

全国に78ヶ所あるという「知られざる裏の魔の交差点」を紹介した11日の『TVタックル』。

その1つとして、神奈川県横浜市青葉区田奈町の交差点を紹介。国道246号線の下を通る交通量の多い片側1車線県道で、246号と県道の合流地点に信号のない交差点が2つ存在しており、朝日新聞記者によると事故が8件起きているとのこと。

これは日本損害保険協会が調査した神奈川県ワースト1の事故件数と同じなのだという。その後スタジオで「交差点の事故をなくすためにどうすれば良いか」を交通事故鑑定人の中島博史氏を中心に、議論が繰り広げられた。


関連記事:高速道路で割り込みされ逆上した女 24キロも追いかけ運転手に攻撃

 

■たけしが日本の高速道路に…

番組終盤たけしは日本の道路事情について「日本は、高速道路をいっぱい造るけど、高速道路同士を繋ぎだしたじゃん、新幹線みたいに。そうすると降りた瞬間に二股に分かれて、どっちに行くんだろうこれって。ひどいよね」と語る。

すると阿川佐和子も「高速道路は本当にあちこち繋がったから、右行っても左行っても、どれを行っても東京方面と書いてある。え、どれで帰れるの? みたいな気分になる」とたけしの苦言に同調した。

ビートたけし『フランス座』【Amazonでチェック】

次ページ
■パトリックも同調
交通高速道路ビートたけし阿川佐和子交差点TVタックルパトリック・ハーラン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング