エリザベス女王が生前最後に送った手紙 受け取った少女に羨望の声相次ぐ

返事を期待せずに出した手紙に、まさかの返事が来た時の喜びはひとしおだろう。

2022/09/14 10:50

エリザベス女王・エリザベス2世

イギリスの象徴として、世界中から愛されてきたエリザベス女王が8日に息を引き取った。

女王の死に関するさまざまな報道がなされるなか、『The Sun』や『Chronicle Live』などの海外メディアが、女王からもらった手紙を大切に保管している少女について取り上げた。



 

■女王に手紙を送った少女

イギリスのノース・タインサイドに住むミリー・フランシスちゃん(10)は、6月にエリザベス女王のプラチナ・ジュビリーを祝う手紙を書いた。「ジュビリー」とは在位期間の節目を祝うもので、プラチナ・ジュビリーでは即位70周年が祝われた。

ただ純粋に、女王にお祝いの気持ちを伝えたかったというミリーちゃんだが、今月初めになってバッキンガム宮殿から返事が届いたという。手紙には女王からの感謝の言葉と女王の写真が添えられており、ミリーちゃんは唖然としたそうだ。


関連記事:観光客を怒鳴り行進で子供を踏み… イギリス女王の厳格な警備に賛否

 

■返事を受け取り3日後の訃報

しかしながらエリザベス女王は、ミリーちゃんが手紙を受け取ってわずか3日後に亡くなった。結果的に、ミリーちゃんが受け取った手紙は、女王が生前に出した最後の手紙のひとつになったと言える。

ミリーちゃんは女王の訃報に大変なショックを受けたが、もらった手紙をフォルダーに入れて大切に保管。「学校に持っていくつもりだけど、みんなには触らせないわ!」と話しているという。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■「素晴らしい」と羨む声
手紙スコットランドイギリス葬儀バッキンガム宮殿翻訳記事エリザベス女王ノース・タインサイドプラチナ・ジュビリーバルラモル城
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング