がん告知からわずか2日後に旅立った母親 残された4人の子供たちの動揺激しく

手遅れにならないためにも、体調に異変を感じたらすぐに病院で受診したほうが安心だ。

2022/09/18 18:30

医者・医師・婦人科・診察・聴診器・患者

私たちの体を脅かすさまざまな病。少しでも「体調が悪い」「不調が続く」と感じた場合は、すぐに病院で診てもらったほうが安心だ。がんの告知からわずか2日後に亡くなってしまったというイギリスの女性の話題を、『Mirror』や『Daily Record』が報じている。



 

■数週間前から体調不良に

死亡したのは、ノース・ラナークシャー州のコートブリッジに住んでいたジャニス・キャシディ・アデアーさん(46)だ。

ジャニスさんはネイリストとして働き、イアンさん(22)、ローラさん(19)、ローガンくん(11)、キアンくん(7)という4人の子の良き母親でもあった。ところが数週間前から体調不良が続いていたという。


関連記事:医学部教授が講義で学生のがん早期発見につなげる 「信じられない気持ちだった」

 

■告知から2日後の死

そして8月下旬、ジャニスさんは病院で血液検査を受け、29日に結果を聞きに医師のもとへ。見るからに体調が悪く検査の数値も良くなかったため、精密検査をしてみると骨と肝臓にがんが見つかった。

ただちに入院となったが、その後もジャニスさんの体調はみるみる悪化。がん告知からわずか2日後の31日に息を引き取った。

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい”がん”の話【Amazonでチェック】

次ページ
■「がんだとは…」
Facebook母親入院告知クラウドファンディングがん親友養育費体調不良血液検査翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング