がん告知からわずか2日後に旅立った母親 残された4人の子供たちの動揺激しく

手遅れにならないためにも、体調に異変を感じたらすぐに病院で受診したほうが安心だ。

2022/09/18 18:30


 

■「がんだとは…」

最近になって長女のローラさんの妊娠が発覚し、おばあちゃんになる日を心待ちにしていたジャニスさん。ローラさんはメディアに「母の体調が悪かったのは知っていたけれど、まさかがんだとは誰も思っていませんでした」と話し、悔しさを滲ませた。

さらに自身のFacebookでは「母は周囲の人たちに愛され、朗らかで楽しい女性でした。あっという間に天に召されてしまいましたが、今まで本当にありがとう」と亡き母に感謝。さらに「痛みから解放され、天国で安らかに眠ってください」と追悼した。


関連記事:月経困難症など数々の症状を経て子宮体がんと闘う女性 「納得いくまで検査を」

 

■「母は一番星に」

長男のイアンさんも「母は一家の星のような存在でした。これからは一番星として私たちを照らしてくれることでしょう」と早すぎるジャニスさんの死を嘆いた。

また、ジャニスさんをよく知るキンバリー・ヒランさんは、2人の幼い子供たちの養育費を援助するため、クラウドファンディングを開設。

「いつも周りを笑顔にさせてくれたあなたを、私たちみんなが愛しているわ。いなくなってしまい、とても寂しい」と、長年の親友に思いを馳せている。

・合わせて読みたい→4年続いた体調不良の原因は「重力アレルギー」 1日23時間を寝て過ごす女性の苦悩

(文/Sirabee 編集部・桜田 ルイ

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい”がん”の話【Amazonでチェック】

Facebook母親入院告知クラウドファンディングがん親友養育費体調不良血液検査翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング