義母は同居を望み子供には孫の世話を期待され… 退職控えた60代女性が困惑

退職したら悠々自適に…。そんな希望は本当に叶うのか。

退職届

長いあいだ頑張って働き続けたのだから、退職後は夫とのんびり生きていきたい。そう願っていた女性が義母や子供たちにあてにされ、困り果ててしまった。



 

■思い描いていた理想の老後

海外で暮らす女性は、現在65歳。夫も同じ年齢で、夫婦そろって長いあいだ仕事に励んできた。立派に育てあげた子供が2人おり、育児も終わり退職する時期も来たことから、これからは夫婦でのんびり暮らしたいと考えていた。

大好きな趣味を存分に楽しみ、たまには旅行にも出かけてみたい。時間があれば孫にも会い、心穏やかな日々を過ごしたいと女性は思っていたのだ。


関連記事:口が悪く凶暴な義母と絶交 関係修復を望む夫にも悩む妻の投稿へ共感の声

 

■「元気なうちに…」という願い

年は取ったものの、まだ健康で自由に動くこともできることから、今のうちに人生を楽しみたいと考えていた女性に、夫の母親(90)が意外なことを言い始めた。

「(退職するのだから)やっと同居する時期が来たということね」と、同居を迫るようになったのだ。義母は一人暮らしで寂しい思いをしているようだが、女性は「この人と一緒に暮らしたい」とはどうしても思えずにいる。

やりたいことをやればいい: 定年退職&老後がみえてきたあなたへ【Amazonでチェック】

次ページ
■子供たちにも頼られ…
退職話題介護同居老後義母子守翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング