月経困難症など数々の症状を経て子宮体がんと闘う女性 「納得いくまで検査を」

新型コロナウイルスのパンデミックが重なり、必要な切除手術でもかなり長く待たされてしまった。

2022/09/18 04:15

腹痛・胃痛

健康な女性においても、体調不良の大きな原因となる月経困難症や貧血、そして腰痛。このほどイギリスの『Metro』が、おかしいと思ったら必ず婦人科で検査を受けてほしいとして、ある女性の症例について紹介した。



 

■病気続きの人生

「病院と縁が切れない人生を送っています」と悲しそうに話すのは、スコットランド・ノースラナークシャーのウィショウに暮らすフィオナ・ウィリアムズさん(46)だ。

リアンさん(17)、トーマスくん(9)、デヴィッドくん(7) という3人の子を育てる傍ら、多嚢胞性卵巣症候群を皮切りに、流産、うつ病、貧血、月経困難症、子宮筋腫の診断を経て、さらに現在は子宮体がんと闘っている。


関連記事:子宮と膣を2つずつ持つ“重複子宮”の女性 「同時に別の男性の子を宿すかも」

 

■さまざまな病名が付く

多嚢胞性卵巣症候群と診断されたのは20年前のこと。「妊娠は難しい」と告げられたにもかかわらず、フィオナさんは2度にわたり大量出血を経験し、病院に駆け込むと流産だと判明して緊急手術を受けている。

その後、過多月経を訴えるようになると月経困難症の診断が下り、腰痛のため病院で検査を受けると子宮筋腫の存在も指摘された。鎮痛剤を飲む以外の指示はなかったという。

Q&Aでよくわかる「子宮体がん」 (健康ライブラリー)【Amazonでチェック】

次ページ
■「太った?」と聞かれるように
うつ病貧血流産子宮筋腫新型コロナウイルスパンデミック翻訳記事多嚢胞性卵巣症候群月経困難症子宮体がん子宮内膜がん線維筋痛症
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング