大谷選手、無失点好投に先制打の二刀流で13勝目 MLB公式興奮の好守も

史上初の投打の規定到達も目前に迫ってきた。

2022/09/18 14:00

大谷翔平

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が、18日(現地時間17日)に本拠地で行われたシアトル・マリナーズ戦に先発登板。7回無失点の好投に特大の先制タイムリーを放ち、投打の活躍で13勝目を飾った。

【動画】「大谷は全部やる!」



 

■あわやホームランのヒットに快投

3番ピッチャーで先発した大谷選手は、初回から2奪三振を含む三者凡退の好投。裏の攻撃では初球を思い切り叩き、あと数センチでホームランとなる先制タイムリーツーベースで自身を援護する。

その後もテンポ良いピッチングでマリナーズ打線を寄せ付けず、7回を投げ切るとマウンドを降りてDHでの出場に。投手としては7回107球8奪三振3安打無失点で、2塁すら踏ませないナイスピッチングを見せた。


関連記事:大谷翔平選手、ピンチで圧巻の投球 ネットでは「ノーアウト満塁」がトレンド入り

 

■数々の記録が目前に

試合はその後、リリーフがソロホームランを浴びて失点を許すも、2-1でエンゼルスが勝利。大谷選手はこれぞ二刀流という投打の活躍で、今シーズン13勝目を飾った。

これで投球回数は148回となり、自身メジャー初の規定投球回到達まであと14回と、史上初の打席・投球回の規定到達も目前に。シーズン200奪三振の大台もあと4と迫ったほか、初回のヒットは昨年残した自身メジャー最多記録に並んだ。

大谷翔平『SHO-TIME 大谷翔平 メジャー120年の歴史を変えた男』【Amazonでチェック】

次ページ
■守備でもファインプレーが
野球メジャーメジャーリーグMLB大谷翔平二刀流ロサンゼルス・エンゼルスShoTime
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング