失業によって専業主夫になった男性 まるで「亭主関白」の妻に大困惑

感謝するどころか、大黒柱になった妻は要求しかしなくなった。

2022/09/19 07:30

家事・主夫・アイロンがけ

夫婦のうちどちらかが失業したら、家にいるほうが家事をすべてこなすべき…? 主夫になった男性の深い悩みを、海外メディアが取り上げた。



 

■家事に追われている男性

結婚して2年になる妻(28)と暮らす海外在住の男性(30)が、不運なことに失業。家にいるようになったため、すべての家事をひとりでこなすようになった。

買い物や料理、掃除や洗濯も当たり前。当然のように任されるようになった男性は、今の自分について「あたかも家政婦のようだ」と思っている。「私が帰宅する前に、家事を済ませておいて」と期待され続け、プレッシャーを感じるようになったという。


関連記事:「つわりで苦しいのに家事をしてくれない」 無関心な夫に悩む妊婦へ世間は…

 

■妻の態度に戸惑う日々

スーパーに買い出しに行っても、妻はポケットに手を突っ込んだまま退屈そうな顔しかしない。料理はもちろんのこと、食材選びも男性に任せているからだ。

また家にいるときも妻はだらしなく、思春期の女の子のように振る舞うことも多い。洋服は脱ぎっぱなしで床に放置し、洗濯かごに入れようともしないのだ。こんな生活が続き、男性は嫌気がさすようになった。

「専業主夫」になりたい男たち (ポプラ新書) 【Amazonでチェック】

次ページ
■今後の生活が不安に…
家事主夫話題失業再就職翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング