5歳の息子に母乳を与え続ける母親 世間からは「最低」「虐待」と批判殺到

多くの子供は、1歳半頃には卒乳するというが…。

2022/09/19 05:15

授乳・母乳

「卒乳の時期は、息子が決める」と語る女性によると、子供に母乳を与えるメリットは多いという。しかし「これはちょっと…」と眉をひそめる人も少なくないようだ。『news.com.au』などオーストラリアのメディアが、女性の主張も含めて紹介している。



 

■若い母親の珍しい育児方針

オーストラリアで暮らすローレンさん(29)には、子供が2人いる。長男は現在5歳で“赤ちゃん”と呼ばれる時期はとっくに卒業しているが、ローレンさんは今も息子に母乳を与える生活を続けている。

卒乳・断乳の時期も特には考えてはおらず、息子に決めさせる予定とのこと。下の子供(2)も母乳を欲しがることから、同時に授乳することも多いようだ。


関連記事:ニッチェ江上、生後3日の息子の授乳拒否に苦悩 「『ペッ!』ってやる」

 

■「キモイ」と罵られ…

SNSでも育児の様子を収めた写真を公開しているため、ローレンさんはたびたび否定的なコメントを書き込まれる。「狂っている」「気持ち悪い」「変だ」と言われるほか、「身勝手すぎる」「子供を虐待している」と批判されることもあるのだという。

しかしローレンさんは、乳房は子供に母乳を与えるためにあるのだと主張。ネガティブな意見は気にしていないといい、子供たちにとって良いことをするのみだと強調している。

10人産んだスーパー助産師のストレスゼロで続けられる! 母乳育児の本【Amazonでチェック】

次ページ
■「自然な行為」という主張
母乳育児虐待卒乳授乳乳房翻訳記事断乳
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング