兄の見送りに出た2歳児が幼稚園バスにひかれ死亡 母親の手を振りほどき路上へ…

世界的に見ても、子供が犠牲になるスクールバス関連の事故は多発している。

2022/09/21 07:00

スクールバス

最近、幼稚園や保育園の送迎バスが原因となって、幼い子供が命を落とす事件・事故が多発している。何度も悲劇が繰り返されながら、それでもゼロにならないのが現状だ。

このたびはブラジルで、2歳児が幼稚園バスにひかれてしまったという。イギリスの『Mirror』や『The Sun』が報じている。



 

■路上へ飛び出す

悲劇は13日、ブラジルの中部に位置するゴイアス州・ノヴァ・クリシャスの住宅街で起こった。ニコラス・ゴメス・デ・オリヴェイラくん(2)はその日の朝、兄(5)が幼稚園へ行くのを見送るため、母親と手をつなぎ歩道を歩いていた。

しかし、幼稚園の送迎バスが停留所に到着する寸前、ニコラスくんはなぜか母親の手を振りほどき、路上へ飛び出してしまったという。


関連記事:性的暴行で2歳の姪を死亡させた男 苦しい嘘がバレて緊急逮捕に

 

■家族の目の前でバスの下敷きに

運転手は慌ててブレーキをかけたものの間に合わず、ニコラスくんは母親や兄の目の前でバスにひかれてしまった。そしてその日のうちに、病院で息を引き取っている。

警察によると、バスに乗っていた児童15人にケガなどはなく、運転手や当時の状況に関して詳しく調べたが、問題は見つからなかった。今なお調査は続けられているという。

事故原因の9割を防げる運転術―教習所では教えないシンプルテクニック: 長年の運転経験でつかんだ安全運転のコツ おきひろい文庫【Amazonでチェック】

次ページ
■インドでも同様の事故
免許証バス幼稚園運転手話題保育園スクールバス翻訳記事
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング