東ちづる、「世界脳性まひの日」周知のためイベント開催へ 北澤豪らも賛同 

「世界脳性まひの日」をさらに広めるため精力的に活動している東ちづる。10月6日にはイベントも。

東ちづる

女優の東ちづるが20日、東京・六本木で開催された一般社団法人Get in touch主催「世界脳性まひの日~Warm Green Day~」記者発表会に登場。まだ一般的に認知度が低い「脳性まひ」をさらに発信すべく、思いを語った。


画像をもっと見る

 

■10月6日「世界脳性まひの日」

Get in touchは、健常者もハンディキャッパーも誰も区別しない、誰もが生きやすい「まぜこぜの社会」を目指し、アート、音楽、映像、舞台などのエンタメを通して、まぜこぜの心地よさを発信し続けている団体。東が代表を務めている。

今回は、話すことが難しかったり、身体が自由に動かせなかったり、様々なパターンのある脳性まひの症状、特性についてさらに世間に知らせるべく、10月6日「世界脳性まひの日」をイベントやSNSで盛り上げていく。


関連記事:東ちづる、カルト宗教の洗脳に感じた理不尽さ語る 「思考が操られている」

 

■リアルイベントも

記者発表会では本取り組みの紹介とともに、“半身不随のロックスター”ことミュージシャン・奥野敦士氏が作詞・作曲した『GET THE GLORY!』に乗せたプロモーション動画「GET THE GLORY!~Warm Green Day~」を公開。加えて、脳性まひの人々のリアルな声を聴く参加型イベント「生きづらさだヨ!全員集合」を10月6日、東京・六本木で開催することを発表した。

また同日は、東京都庁や神奈川県庁、フジテレビ、セルリアンタワー東急ホテル、世田谷区役所などの各地ランドマークが、イメージカラーのグリーン色にライトアップされる予定だ。

『脳性麻痺ハンドブック 療育にたずさわる人のために』【Amazon】

次ページ
■「まぜこぜの社会を…」
東ちづる北澤豪障がい者玉木幸則有森裕子脳性まひハンディキャップ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング