『ちむどんどん』ヒロイン役で注目  黒島結菜、スタッフからの「意外な評判」

『ちむどんどん』の最終回が迫る。ヒロイン・黒島結菜には「意外な一面」があって…。

2022/09/21 17:30

黒島結菜

NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』は、30日に最終回を迎える。最終話まで残り約1週間と迫る中、ヒロイン・黒島結菜の行動から目が離せない展開が続いている。

黒島はカメラが回らないところでは「意外な一面」を見せていて…。



 

■沖縄を舞台にした物語

『ちむどんどん』は、沖縄県の北部・やんばる地方の村に生まれたヒロインが高校卒業後、東京に上京して沖縄料理に夢をかけて修行する物語。婚約者の女性から”略奪”する形で好きな男性と結ばれるヒロインや妹の財布からお金を抜いてギャンブルに興じる兄など、「個性が強すぎる」キャラクターの行動はネット上でもたびたび話題になっている。

ヒロインを務める黒島は朝ドラ初主演。Sirabee編集部は、黒島が高校時代「成績優秀、スポーツ万能」で学校でも目立つ存在だったことを報じている。作中ではお転婆な性格だが、撮影現場ではどんな「顔」を見せていたのだろうか…。


関連記事:『ちむどんどん』の”ニーニー”で話題 竜星涼、テレビに映らない「裏の顔」

 

■「日焼けもいとわない」

ある制作会社関係者は、撮影当初から彼女に驚かされたスタッフが多かったと話す。「感染対策のためスタッフはみんなマスクを付けているので、お互いの顔が覚えにくいです。そんな状況を見かねたのか、黒島さんは手書きでスタッフの名札を作ってくれたんです。朝ドラの現場はスタッフが非常に多いので、名札の数はゆうに100人は超えます。それをすべて自分で作ったので、業界内でも感心する声があがっていましたよ」(制作会社関係者)。

物語の舞台となる沖縄でロケが行われることもあり、屋外で撮影することも多かったという。そこでも「全力投球」だったようで…。「『日焼けしたほうが沖縄の主人公らしく見える』と日焼け止めは塗らなかったそうです。女優で美容にも気を遣っているはずなのに、あくまで作品を優先させたのでしょう。黒島さんは沖縄出身だけあって、暑さにも慣れている様子だったといいます」(前出・制作会社関係者)。

『ちむどんどん』の沖縄料理を家でも【Amazonでチェック】

次ページ
■カメラが回らないところでは…
沖縄朝ドラヒロイン黒島結菜NHK連続テレビ小説ちむどんどんクロサギ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング