大谷選手、史上初の30HR&200K達成 投打W規定到達も「あと9回」に

大谷翔平選手が、史上初となる「シーズン30本塁打&200奪三振」を達成。「ダブル規定到達」も残り9イニングに迫った。

2022/09/24 13:45

大谷翔平

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに所属する大谷翔平選手が、24日(現地時間23日)に行われたミネソタ・ツインズ戦に3番投手・指名打者で先発出場。5回2失点7奪三振で14勝目を飾り、球史に残る大偉業を成し遂げた。



 

■初回から満塁のピンチ

前回は無失点の快投だった大谷選手だが、この日は初回から四球2つに死球とコントロールが乱れ、いきなり満塁のピンチを背負ってしまう。迎えた5番ケーブ選手との勝負、セカンドゴロのゲッツーに打ち取るも、併殺崩れの間に1点を与えてしまった。

しかし、その後は立て直して無失点のピッチングを続け、打線の援護にも恵まれたことで3-1とリードする展開になる。


関連記事:大谷選手、無失点好投に先制打の二刀流で13勝目 MLB公式興奮の好守も

 

■再びのピンチも…

だが、6回裏に無死1・2塁からタイムリーを浴びて1点差になると、続く打者への四球で再び満塁のピンチに。ここであえなくマウンドを降りたが、リリーフのループ選手が三振にゲッツーという注文通りの好投でピンチを凌いだ。

直後の7回表には打者としてセンターにタイムリーヒットを放ち、リードは4-2に。以降はお互い無得点で試合が終了し、大谷選手は今季14勝目を挙げたのだった。

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

次ページ
■メジャー史上初の快挙達成
野球ツイッターメジャーリーグMLB大谷翔平松坂大輔ダルビッシュ有二刀流野茂英雄ロサンゼルス・エンゼルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング