マツコ、TRF・SAMとの会話で年齢を実感 「そりゃ私も歳を取るわ」

加齢学・ジェロントロジーを学んだSAMと「100歳でも動ける体作り」を語ったマツコ・デラックスだが…。

2022/09/25 09:05

マツコ・デラックス

24日放送『マツコ会議』(日本テレビ系)にダンス&ボーカルグループ・TRFのダンサー・SAMが登場。「100歳まで動ける体の作り方」をマツコ・デラックスと語り合い、話題となっている。



 

■60歳のSAM

ゲストとして登場した60歳のSAMに、マツコは「パッと見たら変わらない」と容姿の若々しさに驚きつつ、「なんでだと思います? ご自身が若いのって」と質問。

SAMは「それはやっぱり動いてるからですよ」「あとは食生活」と解説し、マツコは「はい、早死に決定です、私」「もうダブルで早死に」と苦笑した。


関連記事:『酒のツマミ』中川翔子の“お酒の失敗談”に衝撃 ノブ「しょこたんが!?」

 

■加齢学を修める

日本人の平均寿命は男性が約81歳、女性が約87歳だが、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」である健康寿命で見れば、男性は約73歳、女性が約75歳となっている。

SAMは南カリフォルニア大学・デイビススクール通信課程により、加齢による心と体の変化を研究する、いま注目の学問・ジェロントロジー(加齢学)の修士号を取得。

「ダンスを通して高齢者の人達を元気にする」のを目標に「100歳でも動ける体作り」として高齢者向けダンス『ダレデモダンス』を発案した。

「老化するっていうのはじつは20歳代から始まっているんですよ」「定年後に体力を確保するためには、50歳になってから運動習慣をつけよう」と力説し、日常生活に運動を取り入れるようマツコに提案する。

→【Amazon新生活セール】3月31日9時スタート 買い忘れ、全部まとめて揃えよう!

次ページ
■マツコも年齢を実感
テレビマツコ・デラックス日本テレビTRFマツコ会議SAMジェロントロジー健康寿命
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング