小学校先生がアイスクリームトラックで手料理運ぶ 「貧困家庭の児童を助けたい」

先生の愛情がたっぷりの美味しいご飯を、多くの児童が楽しんだ。

2022/09/27 08:30

アイスクリームカー・アイスクリームトラック

「複数の児童が困窮し、お腹をすかせている」と心配した先生が、アイスクリームトラックを購入。たくさんの食べ物を児童たちに届ける活動を展開していること、そして多くの人が先生の思いに胸を打たれ協力していることを、『People』などアメリカのメディアが紹介した。



 

■貧しい児童を心配した先生

アメリカ・オハイオ州の小学校で体育を教えているジェイソン・ワトソンさん(39)は、6年前から教会を通し貧困家庭の子供たちにご飯を食べさせる活動に関わってきた。しかしそれも、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になったため、断念せざるを得なくなった。

児童たちが心配でたまらなくなったワトソンさんは、地元でアイスクリームトラックを走らせている男性に声をかけてみることにした。自分たちで料理を用意し、アイスクリームと一緒に子供たちに届けてあげたいと考えたのだ。


関連記事:10歳女児がいじめを苦に自殺 教師も加担した「くさい」の暴言も要因か

 

■アイスクリームトラックを購入

アイスクリームトラックの所有者はワトソンさんの熱意に胸を打たれ、協力することを約束。2020年10月にワトソンさんはトラックを安く購入し、児童たちに配るための食事作りに励むようになった。

妻子の協力を得てせっせと料理しては、SNSを更新。そうやって児童たちに宅配時間を知らせ、「取りに出ておいで」と促したのだ。

この活動を通し、とりわけ長い夏休みのあいだは毎週約70食分のランチを配ることに成功。ワトソンさんの愛情たっぷりの料理は、多くの児童の腹を満たした。

チャイルド・プア~社会を蝕む子どもの貧困~【Amazonでチェック】

次ページ
■「喜ぶ顔が嬉しい」とコメント
寄付小学校先生体育翻訳記事貧困家庭アイスクリームトラック
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング