100歳の女性が老犬の飼い主に 介護スタッフも協力し夢を叶える

「犬が欲しい」という夢を叶えた超高齢の女性が話題に…。

高齢者・老人・老女・犬

「孤独だから、せめて犬と一緒に暮らしたい」と考え、飼い始める高齢者も多いというが、犬の世話は簡単ではない。しかしある高齢女性が夢を叶えたこと、そして関係者のおかげで女性も犬も幸せに暮らせていることを、アメリカの『TODAY』が紹介している。



 

■犬を愛する女性

アメリカ・カリフォルニア州で暮らすジョハンナ・キャリントンさん(100)は、ドイツにある孤児院で成長。そのせいで、犬を飼うという夢は長いあいだ叶えることができなかった。

そんなキャリントンさんも大人になり自立し、犬を飼うように。しかし愛犬ロッキーが亡くなってからというもの、キャリントンさんの家はとても静かになった。

夫も亡くなり未亡人になったこともあって、キャリントンさんは「また犬を飼ってみたい」「寄り添い合って生きていきたい」と考え始めた。


関連記事:犬の散歩に出るたび近隣住民から罵声 「不安発作が止まらない」と飼い主は悲痛

 

■「再び犬と暮らしたい」

キャリントンさんは、娘のデビーさん(64)に「どこかから犬を引き取りたいのだけれど…」と相談した。だがキャリントンさんは、すでに100歳。犬の保護施設に行っても「その年齢では犬の飼育は無理でしょう」と断られるだろうと考えた。

そんなジレンマについて相談を受けた近隣住民のひとりは、たまたま老犬を保護する施設でボランティア活動中。そこで「うちの施設にいる老犬を、キャリントンさんに引き取ってもらうのはどうか」と思いついた。

犬がおうちにやってきた! (動物の飼い方がわかるまんが図鑑)【Amazonでチェック】

次ページ
■介護士も協力することに
ペット高齢者話題介護士孤児院翻訳記事保護施設
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング