これは良すぎる…「カレーを作るのに最高の場所」しかも2時間無料で使える

富澤商店のレンタルキッチン、カレー作りにも最高だった。

2022/09/28 05:45


 

■ショッピングモールやデパートの中にあるのも特徴

また、ショッピングモールやデパートの中にあるのも特徴で、生鮮食品が簡単に手に入るのも良い。記者が実際に使用した玉川高島屋では、デパ地下の高品質な食材を購入することができた。

「広くっていいですねー!」と語りながら調理しているのは、新宿二丁目のゲイバー「Bar and」の奏吉ママ。彼はバーの夜間営業ができなかったときにランチのスパイスカレー弁当を販売したところ、あまりに美味しいためゲイではない人の常連が増えすぎて大変なことになったという伝説を持つ人物である。


関連記事:ゲイバーママが教える「千葉県北西部」の魅力 ホテル割のない都民は必見

 

■作ったカレーの付け合わせは…

カレーを仕込みながら、奏吉ママが作った“付け合わせ”は、「赤玉ねぎの梅酢漬け」、「ナスのマスタードシード炒め」、「ミニトマトとドライフルーツ炒め」の3品。どれも富澤商店とデパ地下で買った材料だ。

IHコンロもかなり大きめで使いやすいので、付け合わせとカレーを同時に作ることが可能。

ただ、カレーが飛び跳ねるので作り終わったらしっかり壁まで拭いて片付けよう。また、今回は木べらを使ってしまったのだがスパイスによっては色が付いてしまうため、ゴムベラのほうが良かったかもしれない。


■果たしてお味は…

キッチン内で完成品と食べることもできるが置いてある皿はあくまで試食用のため、1皿しっかり盛りたい場合は100円ショップなどで皿を買って持って来ると良い。

今回作ったカレーはブラックペッパーやスパイスをガッツリ効かせたルーに牛肉の切り落としと付け合わせを混ぜて食べるタイプ。果たしてお味は…

奏吉ママは「ちょっと辛いかな?」と言っていたが、ペッパーの爽やかな辛さと香りに甘酸っぱい玉ねぎの梅酢漬け、甘さしっかりのドライフルーツトマト炒めにコクのあるナス、そして旨味の強い牛肉が合わさって最高の味になっていた。

片付けまで含めると計3時間ほど利用していたが、1時間分の料金だけで済むのがお得すぎる。


■料理好きは使ってみてほしい

製菓や製パンだけでない富澤商店のレンタルキッチン、ぜひ料理好きは使ってみてほしい。立地の良さや食材の入手難易度を考えると、ここまで利便性が高くリーズナブルなレンタルキッチンはほかにないだろう。

・合わせて読みたい→ただのお菓子作りじゃない! 富澤商店の「スイーツ自由研究」が面白すぎる

(取材・文/Sirabee 編集部・熊田熊男

富澤商店【Amazon】

カレー富澤商店レンタルキッチン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング